のぼり旗の需要

のぼり旗といえば、戦国時代を思い出しませんか?

勇ましい甲冑を着込み、戦陣の回りには、その陣地を守る殿さまの家紋入りののぼり旗を悠々と掲げ、威風堂々として、攻略を練る殿さまとその家来たち。

最近、時代劇が少なくなったせいか、昔の時代劇スターが出演している時代劇映画などを観ておりますと、必ず、このシーンが出てきます。

のぼり旗は、今は、各店舗の目印、セール品、キャンペーン企画時などに利用するものとして、一番手軽で、安価な宣伝方法の一つとして需要が高まっておりますが、昔は、命をかけた戦いの中で利用されていたのですね。

さて、こののぼり旗ですが、年々需要を伸ばしており、店舗経営者が必ず利用する宣伝材料として、現在、100%の利用率を誇っているそうです。
のぼりの種類も多種多様なものがあるようです。

【のぼり通販ドットコム:http://www.nobori-u.com/c_page/4535/0001.html

確かに、国道を走っていれば、どの店舗にも利用されており、そののぼり旗のおかげで、我々消費者は、目的の店舗を発見できることもありますものね。